ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
結構前に1・2巻をおやびんから借りて、続きが気になって
いたものの、発売中のコミックはサイズがでかい上に値段
もお高めなので購入は躊躇しておりましたよ。で、その内
続きが気になることも忘れてしまっていたのですが、先日
別担当のTAさんに4巻を借りて、猫村さん熱が再燃(え?)
TAさんに訊いたら「4巻しか買ってないから3巻持ってない」
という斬新な返事(笑)前の巻は購入するか考え中だとか。

きょうの猫村さん 1 (1) (マガジンハウス文庫 ほ 1-1)きょうの猫村さん 1 (1)
(マガジンハウス文庫 ほ 1-1)

(2008/10/01)
ほし よりこ

商品詳細を見る

それはさておき、3巻の内容も気になるし、続きも気になるし。
という訳で、猫村.jpで登録して、Webで読んでみることにした。

1日1コマのペースで進むので、最新のコマだけ見ても全然
わからない・・・とりあえず、時間をかけて1コマ目から読んで
みることにした。と、言うのは簡単だけど、結構時間かかる!
現在本編は、224*コマとか結構な数まで進んでるんだけど
1コマ目から地道に読み進んで、ワタシは2000コマ近くまで
進んだよ!もうちょっとで追いつくよ~!頑張って読もうっと。

こういうことは全然苦にならずに頑張れるのにね~。不思議。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
土曜にKさんに借りた『聖闘士星矢』の文庫版全15巻を、日曜
から読み始め、今12巻を読んでるところ。漢字の当て字?とか
縁の地の言葉を使った技の名前とか『聖衣(クロス)』と呼ばれる
鎧的な防具みたいなヤツがいっぱい出てきて覚えきれないよ!
ジョジョのスタンド同様、見慣れるのには時間がかかりそうだな。
でもこの往年のジャンプ作品らしい感じが、なんか懐かしい感じ。
聖闘士(セイント)星矢 (1) (集英社文庫―コミック版)聖闘士(セイント)星矢 (1)
(集英社文庫―コミック版)

(2001/01)
車田 正美

商品詳細を見る
この懐かしさの理由は、小学生の頃夢中になって読んだコレ↓
リングにかけろ (1) (集英社文庫―コミック版)リングにかけろ (1)
(集英社文庫―コミック版)

(1998/07)
車田 正美

商品詳細を見る
車田正美バトルマンガの原点と言っても良いでしょう!『リンかけ』
少女マンガ一辺倒だったワタシが、初めてハマった少年マンガ。
ていうか、何故だかわからないけど、剣崎 順が大好きだったな。
彼のフィニッシュブロー『ギャラクティカファントム』とか、打てそうな
気がしてたし。妙な思い込みで。・・・まだ子供だったのね(遠い目)

大人になって読み返したら、『聖闘士星矢』同様にツッコミどころ
満載っす。十二宮の闘いとかの感じは『リンかけ』でいうところの
影道(シャドウ)一族や阿修羅一族との闘いを彷彿・・・ある意味
お約束の域に近いかも?いや、これが醍醐味だからいいけどさ。

でも、ジョジョほどハマり切れないのはウェザー・リポートと同等か
それ以上にハマれるキャラがいないからかもしれないな。残念。

ていうか、この世界観にハマるには、ちょっと(いや大分)大人に
なり過ぎちゃったんだなー。まぁ面白いとは思うけど・・・う~ん。

web拍手 by FC2
時折チェックしているサイト『はじめの1巻』というページで
見つけたマンガ。珍しく、ラブコメ系に手を出してしまったよ。
前買った『flat』は最初本屋で見つけたんだけど、同じサイト
で1巻のレビュー読んで購入を決意・・・ありがたいけど怖い。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)となりの怪物くん 1
(デザートコミックス)

(2009/01/13)
ろびこ

商品詳細を見る

となりの怪物くん 2 (デザートコミックス)となりの怪物くん 2
(デザートコミックス)

(2009/06/12)
ろびこ

商品詳細を見る

【1巻あらすじ】
となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も
学校に来ない…。自分の成績と将来にしか興味がなかった
水谷 雫は、たまたまプリントを届けたため、その吉田 春に
勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って
優しくすると今度は告白までされちゃって…!?

他人にも動物にも興味が無く、夢は年収1千万の冷血女子と
入学初日に流血事件を起こして、以来不登校の超問題児が
出会い、周りの人達との関わりも出来て、お互いが少しずつ
変わっていく・・・可愛いラブもありつつ、それだけじゃない感じ
が思ったより良かったし、面白かったよ。1巻裏表紙あらすじ
だけ読んだら、てっきり男の子が女の子にべた惚れになって
追いかけまわすどたばたラブコメ系かと思ったんだけどね・・・。
いい感じに裏切られたね。2巻は今週末発売だし、まだ1巻
しか読んで無いけど、気になる終わり方してたから楽しみ~!
表紙カバーの下とか、各話の後についている4コマまんがも
なかなかいい味出してた。いいセンスしてるな、と思わせる。

こうやって最近地味にマンガ増えてる・・・ますます現実逃避?

今日、仕事帰りにデパート特招会に行って、シュウのファンデの
買い置き分購入。特招会は1割引で購入出来るし、今月だけ
シュウのポイントWでつくから♪すぐ必要ではないけど、お得だし。

で、その後に、近くで働いているSKしゃんのところにお邪魔して
少しお話を。ワタシの女子力不足を嘆いておられました。すまん。
アドバイスどおり、ピンクとか花柄の小物とかを少しずつ増やして
いこうかな?と思ったよ。でも今日は結局何も買えなかったけど。
いつも親身になってくれて前向きな意見をありがとう!多謝なり。
10歳くらい下のお嬢さんなのに、本当にしっかりした良い子だよ。

こうやって見てくれている人がいるというのは生きる励みになるね。

web拍手 by FC2
最近、本屋に行くたびに、平積みされてる2巻の表紙が目に入る。
ほのぼのまったり系の本だと言うのは表紙の絵と裏のあらすじで
感じ取れる。買うのはいいけど、あんまりツボじゃないかもしれぬ。
あと、こういう子供とのふれあい系マンガは『マイガール』にカブる?
いや、『マイガール』とは雰囲気が違うから、全然カブらないか~。
あちらはもう少し“しっとり”した雰囲気。コチラはもう少し“さっぱり”。
表現が難しい・・・いや、読み比べれば多分わかってもらえるはず!

しかも、主人公が「お菓子作りの好きな男子高校生」って、流行の
乙女男子ってヤツなのか?と思ったけど、2巻まで読破したところ
それは勘違いであることが判明。単にお菓子作りが好きなだけで。
思った以上に無気力でダルダルな主人公だった。その周りの人々
もこれまた個性的。全体的に、いい意味でユルい雰囲気のマンガ。
完全なる“ジャケ買い”だけど、今回も成功した感じ・・・Good job♪

flat 1 (BLADE COMICS)flat 1 (BLADE COMICS)
(2008/09/10)
青桐 ナツ

商品詳細を見る

flat 2 (BLADE COMICS)flat 2 (BLADE COMICS)
(2009/05/09)
青桐 ナツ

商品詳細を見る

【1巻裏表紙のあらすじ】
超マイペース高校生・平介。そんな平介の不動の日常を
少し揺らしたのは、従弟の超忍耐幼児・秋で・・・。
新星が贈る、ゆったりハートフルシリーズ。

COMIC BLADE avarusで連載中。不定期で『Vassalord.』も連載中。

これが著者初コミックスらしい。いい感じのユルさ加減と、個性的な
登場人物がなんとも味わい深くて、ワタシのツボにすっぽりハマった。
両親にあまり構ってもらえない秋が、色鉛筆や手作りケーキをくれた
平介を盲目的に慕う様がなんとも愛らしいし、すごくいじらしくていい。
今まで自分本位で生きてきた平介が、そんな秋を思って、少しづつ
だけど人のことを思うようになっていく様子も、大げさ過ぎなくていい。

ワタシ的には秋のキラキラした感じの愛らしさと、平介の友人・鈴木と
佐藤のそれぞれのキャラと雰囲気、平介を好きになる後輩・長谷さん
の恋してる感じが特にツボ。長谷さん可愛いから幸せになって欲しい。

ほのぼのしているだけじゃなく、笑いどころもあり、なかなか楽しめた♪

あ。あと、2巻同時収録の鶏と話せるじじっ子少年の話もなかなか良し。

web拍手 by FC2
ひたすらマンガ三昧でとにかく時間が無い。無いというか足りないよ!
ジョジョ第6部もお預け状態。最近、優しい話のマンガばかり読んでる。


半年前、本屋で見かけて以来、気になってはいたものの買わずにいた
このマンガに、期せずして?再会(というか、古本屋で1巻を見つけた)

チラッと立ち読みしたら、なかなかいい感じだったのでそのまま購入し
2巻は別の本屋で購入して揃えた。来月3巻が発売になるらしいっす。
まだ2巻しか出てないなら『大人買い』しても傷は浅い。1冊古本だし。

マイガール 1 (1) (BUNCH COMICS)マイガール 1 (1) (BUNCH COMICS)
(2007/04/09)
佐原 ミズ

商品詳細を見る

マイガール 2 (2) (BUNCH COMICS)マイガール 2 (2) (BUNCH COMICS)
(2008/03/08)
佐原 ミズ

商品詳細を見る

ざっくりあらすじなど・・・正宗(主人公)が高校時代に付き合っていた
4歳年上の陽子は5年前に留学して音信不通になっていたんだけど、
彼女をを忘れられず過ごす。ある日、彼女の訃報と共にやってきた
のは彼女が残した彼の娘・コハル。娘がいることを知らなかったから
最初は戸惑うけど、母親が大好きだった正宗といたいと願うコハルの
純粋な気持ちに触れ、2人は一緒に暮らし始める・・・という感じかな?

普段のワタシならあまり読まない“ほっこり”系の癒し系マンガですが、
なんだかいいよ。もしかしたらワタシ、ちょっと疲れているのかもね(笑)
ちょっと上手く行きすぎ、というか、コハルがいい子過ぎ?と思える部分
も無きにしも非ずだけど、それはそれでアリだと思える“ふんわり”感で。
大切な人を失った2人が支えあって生きているその日常に心揺れたわ。

あと、『エマ』森 薫が、雑誌『Fellows!』で今連載中の『乙嫁語り』
が気になる。雑誌自体なかなか見かけないので一刻も早くコミックス化
して欲しい。熱望。総集編とかはいいから、とにかくコミックス発売希望。

web拍手 by FC2

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 FLUXUS † SALATO VITA †, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。